事務局

  一般社団法人焼津青年会議所が組織としてより力を発揮し、我々の運動によるシンパシーの波を社会に広げるには、組織の源である焼津青年会議所メンバー同士の「和」が必要です。そのためには、画一的な情報伝達と多様性をもったリベラルな発想、そして活発なコミュニケーションが図れる環境作りが重要となります。

 本年度事務局では、事務局が情報伝達のアンテナ基地局であることを再認識し、スムーズ且つタイムリーな情報の受発信を行います。情報発信をする際には、受け取り側の立場に立って、興味を抱きやすい情報発信を心がけ、参加意欲の向上に繋がるよう努めます。また、メールやSNSを用いた通信手段だけでは無く、対面的な伝達による情報共有も積極的に行います。そして、対外活動に於いては参加意義を伝えることを念頭に置いたサポートと、参加したメンバーの記憶に残る設営を行います。また、Facebook等のSNSの効果的な活用や記事風広報誌の発行を行う事により、共鳴あるネットワークを構築します。

総務委員会

 青年会議所は会議体であり、会議で生み出された事業を通じて焼津の未来を創造しています。だからこそ、我々の想いを一つにし、その想いがより共鳴力ある会議を展開することが求められています。それこそが、焼津のさらなるまちの発展の原動力となります。                                                                                      本年度総務委員会では、一般社団法人焼津青年会議所のあらゆる会議で発信された想いすべてが進歩していく土台をつくります。まず、早期の資料配信をすることで、資料を見る機会が増え、より多くの意見を持ち寄ることとなり、よりよい議論をすることができます。さらに、現在のアジェンダシステムをサーバー上に置くことで、LOMメンバーがより多くの時間、議案に触れる機会が増します。そして、焼津のまちに必要とされる共鳴力ある組織へと発展していきます。
 また、中部5JC合同例会を担当します。

研修委員会

 我々JCは常に求心力を保ち、強い想いで行動し、周りの人を感化させていく団体であります。だからこそ、メンバー一人ひとりの意識をより高め、周囲への影響力を上げていかなければなりません。まちを牽引するリーダーとして、自らの想いを伝播することで、まちや人の心を巻き込む力が必要になると考えます。
 本年度研修委員会では、「伝える力」で相手に行動を起こさせることができる人財を育成します。伝える力の重要性を理解し、自らの想いが相手に伝わる技術を学ぶことにより人の心を動かせる人財へと導きます。それにより、周りから信頼され、地域を変えることの出来るリーダーになれると考えます。

拡大戦略委員会

  「社団法人の宝は人である」。人の数が組織の原動力となる青年会議所は、無限の可能性を秘めた団体です。しかし、我々一般社団法人焼津青年会議所は、近年深刻な会員数減少に見舞われております。焼津の未来を共に切り開く熱い志を持った同志を、入会に導かなければなりません。
  本年度会員拡大委員会では、会員数の増加を目指すために、JCの価値を対内・対外に共鳴させ、組織全体で拡大活動を戦略的に取り組んでいきます。また、入会したメンバーに限らず、JAYCEE育成セミナー兼新会員オリエンテーションを実施し、組織の内側から意識の変革を起こし、より積極的な拡大活動支援と、次世代の青年会議所運動を担う同志を成長させるようサポートいたします。
 11月例会では、組織の絆を再確認する場を設けます。

まちづくり委員会

 焼津は、海から多くの恵みを与えられ発展してきたまちです。しかし、私たちの海に対する想いは、東日本大震災をはじめとする度重なる災害により、「恐れ」へと変わっていく結果となりました。一方で、時が経つにつれ、そのリアリティは薄れ、十分な備えがなされていないという現状があります。私たちは、防災白書で語られる「公助の限界」を再認識し、自ら備え、有事の際には共に助け合うことのできる、強い絆を築いていく必要があります。そして、防災により深めた絆こそが、焼津がさらに発展するための推進力となると考えます。
 本年度まちづくり委員会では、焼津市民のソーシャル・キャピタルの向上を図り、直面する「恐れ」を「安心」に、さらにはまちに対する「期待」へと変革するための事業を展開します。そして、人を中心とした、活気ある日常を築き、子どもたちが希望を抱き未来を描くことのできるまちのデザインを先導します。

青少年育成委員会

 焼津の特色を体現している人たちがまちに多く増えることで、焼津は地域力が上がり、発信力の強いまちになると考えます。その様な人財を増やすためには、焼津に住む子どもたちが、生ま育ったまちと自分自身に矜持を持つことが必要です。
 本年度青少年育成委員会では、焼津の特色を堂々と発信できる青少年を育成します。そのために焼津を多角的に学び、壁を乗り越えて成長していく中で、焼津の魅力に気付き、子どもたちだけでは体験しがたい発信の場で焼津を語る事業を展開します。
 また本年度も継続事業であるわんぱく相撲焼津場所を開催します。