事務局

 

一般社団法人焼津青年会議所は、地域に根ざし貢献する団体であり、尚且つ求められ
る存在でなければなりません。そのためにもまずはメンバーの積極的な参画意識が土台
となります。それこそが我々の想いをまちへと伝播する土台であるとも考えます。メン
バー同士が委員会間の垣根を越えて事業の魅力を感じ、想いを共感し、共に行動してい
くことがまちに求められる存在へと繋がります。
本年度事務局はメンバー一人ひとりが想いを共感しながら行動していくための環境づ
くりに努めます。想いを共感するためのツールとして広報誌をはじめ、ホームページや
Facebook等の情報共有媒体を活用し、一人ひとりにスポットを当て、各委員会
間だけでなく、対外へも発信します。
 また、出向者にスポットを当てた6月例会を担当します。

総務委員会

一般社団法人焼津青年会議所は、メンバーの貴重な時間の中で成り立っている会
議体です。その中でメンバー自身が誇れる事業を行うには、メンバー一人ひとりの
準備の意識を高め、効率の良い議論をすることが必要と考えます。
 本年度総務委員会は、心のオアシスをテーマに活動します。会議体の要として、
丁寧な事前連絡、思いやりある時間管理を行い、そして生産性の高い会議設営、運
営に取り組みます。

研修委員会

一般社団法人焼津青年会議所が、常に市民に一目置かれ、地域社会を牽引する団
体であり続ける為には、各々が日々の運動の中で学んだ事を会得し、先見の明を
培い時代を切り拓くべく行動を起こし続ける必要があります。
 本年度研修委員会は、メンバー一人ひとりが青年会議所に所属する意義を明確に
し、時代の流れの一歩先を学び、考える研修を行います。そして、知見した情報と
積み重ねた経験を会社や組織に還元し、更には地域に貢献することが出来る人財育
成を目指します。

拡大戦略委員会

  一般社団法人焼津青年会議所は数多くの同志により支えられています。近年見ら
れる会員数の減少を防ぎ、多くの同志を入会に導くことは組織の安定や発信力の向
上に繋がる重要な課題であります。歴史ある一般社団法人焼津青年会議所の明るい
未来を目指し、将来を見据えた視点で活動する必要があります。
 本年度拡大戦略委員会は、ビジョンを掲げ会員数を純増させ、組織力の底上げを
行います。拡大戦略委員会を中心に、内外で情報を収集し意識を共有することでメ
ンバー全員が会員拡大活動に携われるよう、戦略的な活動を展開します。入会した
同志には様々な事業への参加を求め、青年会議所への理解を深め、魅力を感じても
らえるようフォローします。
 また、拡大に繋がる中部5JC合同例会を主管いたします。11月例会は、メンバーとの交流をテーマに担当いたします。

まちづくり委員会

 焼津市はカツオ・マグロを中心とした水産総合力日本一を誇るまちです。水産業 を中心とした産業の発展が我々のまちの基盤であり、行政・各種団体・企業がそれ ぞれに発信をしています。もし、同じ方向性で共に活動していくことが出来れば、 焼津の魅力を内外で最大化できるのではないでしょうか。我々青年会議所が、まち との繋がりを活かし、その中心で協働をしていくことで、地域振興の形を変える きっかけになると考えます。  本年度まちづくり委員会は、日本中から我がまち焼津が注目される事業を展開し ます。地域との連携を図り、焼津の最もな魅力を発信し、全国から関心を向けられ る事により、市民が焼津の魅力を再認識し、自らのふるさとを誇りに思い自慢でき るようにしていきます。

青少年育成委員会

 我々が生きる焼津は、昔から海などの自然の恵みによって生活の礎を築くことの 出来た場所です。そして、多くの文化が生まれ多くの歴史も刻まれてきた場所で す。しかし、我がまち焼津の魅力をどれだけの子どもたちが、感じることが出来て いるのでしょうか。将来を担う子どもたちが、このまちの魅力に気づき、誇りを感 じることで、焼津を愛する気持ちの基礎が出来ると考えます。  本年度青少年育成委員会は、将来を担う子どもたちに焼津の歴史、文化、産業を 身近に体験する機会を提供することで、このまちに誇りを感じることの出来る事業 を展開します。  4月例会では、我々大人が子どもたちに地域の魅力を伝えることの大切さを学ぶ 場とします。  また、継続事業として本年度もわんぱく相撲焼津場所を開催します。